家を売る為の内覧会イメージアップは家主の対応も大切?夫はいない方が良い理由

内覧会でイメージアップするためには、実は家主の対応もとっても大切。

家をピカピカにするだけではなく、家主でイメージアップするための方法を説明します。

 

1.家主でイメージアップする理由とは?

内覧者は、家を売る人、つまりこれまで家に住んでいた家主をチェックします。

家主が清潔そうな人なら、内覧会の時だけではなく普段から家をキレイにしているんだな、と思います。

内覧会の時に家をキレイにしているのは当たり前ですからね。

そのため、家主のあなたも清潔な服を着て、愛想よく対応するのがベスト。

不動産屋に内覧会の時によく聞かれる事などを事前に聞いておき、しっかり答えれるようにしておきましょう。

 

2.良い点だけではなく悪い点もしっかりと説明する

家を売りたいという気持ちが大きいため、たいていの内覧会では家主は家の良い事ばかりを言います。

しかし、内覧者が聞きたいのは「ぶっちゃけこの家の悪い点」です。

そのため、家の悪い点もはっきりと伝えましょう。

ポイントは「ここが悪い」というだけではなく、「ここが悪いので、私はこういう風に使って工夫しています」とまで説明すること。

例えば私の家は、ベランダが狭くて洗濯物を干せないというデメリットがありました。

そこで「この家はベランダが狭くて洗濯物をすべて干せません。

そこで、「ベランダは布団やタオル、外に干せない下着などを干して、残りは庭に物干しざおを立てて干しています。庭の物干しざおはこのまま残していくので、ぜひ使ってください」と説明しました。

 

デメリットの説明だけではなく、どういうふうに工夫して良くしていくか、まで具体的に説明してイメージアップをすることができました。

 

3.夫はいない方が良い!その理由

愛想のよい夫なら良いのですが、たいていの場合夫は愛想が悪いです(汗)

我が家も例外ではありませんでしたが。。。

内覧者は家をじっくり見たいのに、家主の夫がいると居心地が悪くなったり、こんなところまで見てしまってよいのかな?と遠慮してしまいます。

そのため、内覧日には夫には家を空けてもらうのが吉。

事前にしっかりと家の説明するポイントなどは2人で意見を合わせておいて、妻だけで対応をする方が、内覧者はゆっくりと家を見ることができます。

 

内覧会は家が売れるかどうかの重要イベント!家主のあなたもキレイにいよう

家を売る事となり、さっそく不動産屋と契約をして売りに出す事になりました。

週末にさっそく1件の内覧のお話が。。。

内覧会ではいかに我が家のイメージアップをできるかが、売る為のポイント。

そこで、内覧会でイメージアップするための大切なポイントを5つ説明します。

 

1.内覧会では家はピッカピカにしておこう!

内覧会でまず最初に見られるのは、やはり家の清潔さ。

自分が買う事を考えても、まずはその家がキレイに保たれているかチェックしますよね?

床にモノを置かないのは当然のこと、窓や机もぴっかぴかにしておくことがポイントです。

 

2.玄関で最初のイメージは決まる!

内覧をしに来た人が最初に見る場所、それが玄関です。

そのため、玄関は特に念入りに掃除をしておきましょう。

下駄箱に入りきらない靴などは物置やクルマに避難しておきましょう。

玄関が汚い=家も汚い、と見られがちです。

 

3.スリッパを準備しておこう!

たいていの場合、不動産屋がスリッパを準備していて内覧者が来たらさっと出してくれますが、自分で準備して玄関に置いておきましょう。

これだけでも内覧者のイメージアップは間違いなしです。

スリッパは別に高級なモノにする必要はありません。私は近くのジャスコで500円のスリッパを準備しておきました。

大切なのは、内覧者のイメージアップ。高級なスリッパよりも「清潔なスリッパ」というトコロがポイントです。

 

4.リビングは広く見える工夫をするべし!

玄関にはいり、次に見るのがリビング。

リビングが広いとイメージアップにつながります。

普段生活をしていると、よく使うものは出しっぱなしにすることが多いですが、それでは生活感が出すぎて、イメージダウンになってしまいます。

リビングのモノはできるだけ片づけて、ソファー、テレビ、ローボードぐらいにしておきましょう。

片づけた後に自分で見て、「うわ、うちってこんなに広かったんだ!」と思えればOKです。

 

5.水回りは特に清潔に!

水回りは本当に大切です。

生活をしていく中で、一番汚れるところですからね。

内覧者もそこは理解していて、特に奥様が一番チェックされる場所です。

水カビはもちろん、まわりの物も片づけてキレイにしておきましょう。

お風呂、トイレ、キッチンと3箇所は徹底的にキレイにしておきましょう!

 

 

以上、内覧会でイメージアップするためのポイントでした。

内覧会で実際に家を見てもらいイメージアップできれば、家は売れたも同然。

しっかりイメージアップを狙っていきましょう。

それは突然の転勤。。。家を売る事にしました。

私は今の会社に勤めて15年になります。

2年前に他社と合併(買われた?)ことにより、会社名が変わりました。

この2年、会社内のルールがどんどん変わっていき、新しい人との出会いもあり、と他社と合併した事はよかった事だと思っています。

 

しかし、大きく変わった事があります。

それは、本社の場所が変わった事。

 

これまでの会社は本社は大阪だったんですが、合併したことにより本社が東京に変わりました。

人も間接部門の人から順番に東京に移っていき、とうとう営業の私にも声がかかりました。。。

いまさら転職をすることもできず、決意して家族全員で東京に引っ越す事にしました。

 

そこで問題になったのが、家。

まだローンも残っている家をどうするか?

 

1.賃貸に出す

中古で買った一戸建てなので、正直賃貸に出してもローン分も稼げないでしょう。

家の周りの賃貸相場価格も調べましたが、やはりローン分に届かない金額で貸していました。

 

2.売りに出す

これがもっとも現実的かな。

家がローン残高よりも高く売れれば、東京でもマンションを買ったり郊外に一戸建てを買う事ができる。

 

と、いうことで我が家を売りに出す事に決定。

結果的に私は、家を相場よりも高く売れ、住宅ローンも完済することができました。

そんな私が家を高く売れたポイント・方法をメモ書きとして残します。